射撃の研究をしていた鉄砲百人隊の夢に稲荷之大神が現れた。

翌日、この神社にお参りした後に射撃を行ったら、弾は百発百中見事に当たった

そんな話が残っているのは、新大久保駅から徒歩1分の所にある皆中稲荷神社。

「皆中(あ)たる」という事に引っかけて、こんな変わったの名前なのだとか。

小さな神社ではありますが、木々が生い茂っていて、変わった感じの所でした。



     


こちらは、皆中稲荷の細い参道の途中にいた狛犬さん(昭和42年9月)。

特に、これと言って珍しいタイプではない、よくあるタイプの物ですね。

この狛犬さんのまわりには、何だか色々と木があって緑いっぱいでした。



     


そしてこっちは、拝殿の前にいる狛犬さんです(昭和34年9月)。

小さな目に大きな鼻、鼻の下のヒゲもある、おじさんタイプの顔ですねぇ。

口の中が赤くて、そこからごつごつした歯が見えて迫力があります。

阿の下でまとわりついている子供も、なんか面白い顔をしていますね〜。