猫の風邪について
。。★ あなどれない猫の風邪 ★。。

  「あれ?涙ながしてる」 くしゃみと涙目・・・
  そんなときは 【猫カゼ】や【猫インフルエンザ】 が疑われます。

  猫カゼ=猫ウィルス性鼻気管炎(ヘルペスウィルス感染症)
  猫インフルエンザ=
猫カリシウィルス感染症
    
このウィルスに感染している猫から、接触感染をします。
     (潜伏期間は2〜7日程度)

  初期症状は 「くしゃみ」「鼻水」「涙目」「発熱」です。
    でも、人間の風邪と違い、ウィルス感染ですので
     抗生剤があまり効きません。

     二つ同時にかかると、それはそれは悲惨な症状です。
     インフルエンザだと、
口内炎をおこして「よだれ」が出ます。
     そして、ごはんが食べられなくなっていきます・・・。

     40℃近い高熱がでると、「ハァハァ」と努力呼吸になります。
     だんだん
鼻水に粘性が出てきて、鼻腔を塞いでしまいます。
     肺炎が進むと、抵抗力のない幼猫や老猫は死んでしまうことも・・・。

  治療は、対症療法がメインになります。
  ウィルスに明らかに効く抗生剤がない為です。
    
まず、【抗ウィルス剤(インターフェロン)】を投与します。
     二次感染には抗生物質を投与し、
     鼻水・涙目には
点眼・点鼻薬を使います。
     高熱があるなら、安静・保温に努め、
     
高カロリーの食事を摂らせて、水分補給をします。
     口から食べられないなら、点滴をします。  

  ウィルスに対する免疫が出来るまで
  だいたい7〜10日ほどの経過をたどります。

  この病気の予防としては、3種混合ワクチンを毎年接種します。
     ・ 猫汎赤血球減少症(猫伝染性腸炎)

     ・ 猫ウィルス性鼻気管炎
     ・ カリシウィルス感染症   

     ワクチンは母乳から受け取る免疫がなくなる離乳時期から
     接種していかなければなりませんが、免疫がつくには個体差があり、
     ワクチンを打っていても、風邪症状が出る場合があります。

  猫、飼い主とも、感染の恐れのある外部の猫に
  接触しないよう心がけましょう。











PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 海外ホテル