南十字星


 正しくは、みなみじゅうじ座です。日本の本土からは見えない星座の一つです。

 画面中央部のやや左側に明るい星が2つ見えますが、左側の明るい方がケンタウルス座のα(アルファ)星(太陽系から最も近い恒星)、右がβ(ベータ)星。その先を伸ばしたところに南十字はあります。

 よくわからないという人のために説明図をつけてみました。下をご覧ください。


 なお、上の写真は、オーストラリアの友人宅で感度400のフィルムで30秒程度固定撮影したものです。


トップページに戻る