オーストラリアの野草
野草よりも、低木の方が多いのですが…


 1992年冬(日本では夏)にオーストラリアのニューサウスウェールズ州の海岸段丘で撮影した野草です。かつては、ユーラシアとは別にアフリカと陸続きだったため、まるで日本とは異なる植物に驚くばかりです。乾燥した気候や山火事に耐えるため、どれも肉厚な葉をもっています。
Acacia longifolia
この仲間は、「ワトル」とオーストラリアで言い、象徴的な花ですが、いわゆるアカシアです。
Acacia terminals
"Sunshine Wattle"
Banksia serrata
"Saw banksia"
バンクシアも種類が豊富ですが、この種は、日本でも、園芸店などでドライフラワーが入手できます。
Bossiaea heterophylla
"Variable bossiaea"
Corea reflexa
"Correa"
Epacris microphylla
"Coral heath"
ヒースと言うくらいで、葉が細くてかたくチクチクします。
Grevillea sp.
グレヴィリアも種類が豊富です。ダルマみたいな花がユニーク。
Hardenbergia violacea
"False Sarsparilla"
これは、アサガオみたいにつるが巻き付く習性があります。
Isipogen anemonifolius
"Drumsticks"
Kennedia rubicunda
"Dusky coral pea"
Lombertia formaosa
"Mountain Devil"
花をよく見ると、とがった部分があり、そこが悪魔の角に見えるのでこの名が付きました。
Pimelea linifolia
"Slender Riceflower"
Ricinocarpos pinifolis
"Wedding bush"
Wahlenbergia stricta
"Australian Bluebells"
キキョウの茎を細長くしたような花で、首都キャンベラの花です。
Xanthorrhoea sp.
"Grass-tree"

世界の野草のページへ戻る