カタバミ科カタバミ属



 カタバミの熟した果実を指で触れると、まるで爆竹のように種子がはじけ飛びます。よく見ると、葉の色のちがいなどの変異が見られます。

  • カタバミ
    花が黄色で、地上茎が地を這うどこにでも見られるカタバミです。

  • アカカタバミ
    カタバミの変異で、全体が赤紫色で、葉が小さい。

  • ウスアカカタバミ
    やはり、カタバミの変異で全体にやや赤紫色を帯びています。

  • ムラサキカタバミ
    淡紅色の花をつける帰化植物です。

  • ハナカタバミ
    ムラサキカタバミ同様に濃紅紫色の花をつける帰化植物です。花びらの幅が広く卵形をしています。葉や葉柄には、細かい毛が生えます。

  • コミヤマカタバミ
    花が白色で、果実が卵球形をしています。葉には、毛がほとんどありません。針葉樹林に生えます。

  • ミヤマカタバミ
    白色の花をつけ、果実は、楕円形をしています。葉の裏側などに軟毛が密生します。


  • 日本の野草のページに戻る