蜃気楼(しんきろう)

蜃気楼(しんきろう)

 仙台湾にて撮影。船の左側の山々(牡鹿半島)が、海の上に浮いて見えます。
 海水温の影響で、海面付近とその上の大気の温度に差ができ、大気の密度の違いから光が曲がって進むために見えると考えられます。

逃げ水

 おなじみの現象ですね。こちらは、アスファルトで路上の大気が熱せられたため、やはりその上の大気との密度差から光が曲げられ、鏡で反射したように見えます。


トップページにもどる